ArunSundarajanPortrait

アルン・スンドララジャン
Arun Sundararajan

ニューヨーク大学経営大学院(レナード・N・スターン・スクール)
情報科学・オペレーション科学・経営科学科教授


ニューヨーク大学スターン・スクール教授、シェアリングエコノミー研究の第一人者。

インド工科大学卒業後に渡米し、ロチェスター大学で博士号を取得、国境を超えた活躍をしている。

20年近くに渡って、ビジネスおよび社会のデジタル革新に関する研究、著述、教育、講演活動を行っており、米国・欧州・アジアにおいて、MBA課程の学生を対象にハイテク分野における起業について、学部生を対象にネットワーク/クラウド/マーケットについて、また研究生を対象にデジタル経済学について、ニューヨーク大学スターン・スクールのエグゼクティブ・マネジメント・プログラムを幅広く教えている。
これまでに30本以上の論説記事をニューヨーク・タイムズ、フィナンシャル・タイムズ、ル・モンドなど各国の新聞や雑誌に寄稿するほか、学会誌に論文が50本以上掲載されている。

各国の国際フォーラムにも250回以上招聘され、講演やパネルディスカッションを行っている。

最優秀論文賞を6回、Googleリサーチアワードを2回受賞している他、各種の競争的資金を獲得している。

デジタル経済の専門家として、米国議会、公的機関や政府機関(米国大統領科学技術諮問会議、国家経済評議会、連邦準備銀行、ホワイトハウス、連邦取引委員会など)に対して証言や情報を提供している。
世界経済フォーラム、都市計画フォーラムのメンバーである他、数多くの組織でアドバイザーを務めている。

Arun Sundararajan: “The Sharing Economy and the Future of Digital Governance” | Talks at Google

Davos 2016 – A New Platform for the Digital Economy (パネルディスカッション。10:40過ぎから登場)

研究領域

  • クラウドを基盤とする資本主義
  • シェアリングエコノミー
  • デジタル技術による統治および規制
  • デジタル労働
  • データサイエンス
  • デジタル市場における価格設定
  • ネットワーク効果
  • 知的財産およびデジタル著作権侵害

■講演テーマ

  • シェアリングエコノミーとクラウドベース資本主義について
  • シェアリングエコノミーとこれからの働き方、雇用について
  • 信用とシェアリングエコノミーについて

など